アスケットのゲームレビュー

同人も含めた美少女ゲームのレビューを中心としたサイトです。
 
 
プロフィール

アスケット

Author:アスケット
asukettoアットgmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazonで目的のゲームを検索
FC2カウンター
StyleKeeper
ユーザータグ

FC2ブログ レビュー 同人ゲーム 美少女ゲーム エロゲー diskill ひまわり キラークイーン うみねこのなく頃に ibis DEPTH KILLER コミックマーケット76 EDITION light イベントレポ Harbest シークレットゲーム QUEEN アリスソフト あかべぇそふとつぅ 07thExpansion COMITIA 同人イベント ダンジョンブレイカー BALDR ですろり ABYSS 11eyes SKY 07th Expansion diesirae Lass コミックマーケット77 BALDRSKY 彼女たちの流儀 トモシビはいつ消えるのか 黒い竜と優しい王国 コミュ 暁WORKS Tears toTiara コミティア90 大番長 BattleMoonWars銀 天空の花嫁選び inspire 悠遠ノ絲 GIGA きっと、澄みわたる朝色よりも、 プリンセスラバー! 玉藻スタジオ Werk irae dies MYTH 戦国ランス 

応援バナー
『キスと魔王と紅茶』応援中!
猫神やおよろず 神饌音盤 巻の二

Dies irae~Acta est Fabula~応援中!
ほしうたSS2009年12月25日発売予定
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国ランス レビュー (アリスソフト) 

ジャンル:地域制圧型シミュレーション

※ランスシリーズの続編ですが、このゲーム単体でも問題なく楽しむことができると思います。

 

今回の戦国ランスは発売前から大作を予感させてくれたので、早々と購入する事を決めていました。

発売前から名作レベルを期待していたのですが、結果は…。

 

購入前の期待度はSランク

作品の点数 100点 ランクS

 


 

ゲーム概要

 

前作では、魔法大国ゼスを壊滅寸前にするまで暴れまわったランス。

事件終結後、奴隷のシィルを連れて彼が訪れたのは、大陸の東に位置する国JAPAN。

シィルには温泉旅行で訪れたと言いつつも、ランスの本当の目当てはJAPAN一の美人と言われる香姫。

そんなランスはひょんなことから尾張の当主織田信長と知り合い、尾張一国の軍勢を任されることに。

 

JAPAN全土を、そして魔人をも巻き込むランスの国盗り物語が今ここに始まる…。

 

 

キャラ紹介などゲームの詳細については公式サイトを参照。

※シナリオ拡張ファイルが公式で配布されています。

 

ルートは全部で7つ。

1周目は正史ルート固定。

シナリオ拡張ファイルを使用することで、プレイ可能なルートが増えます。

 


 

良かった点

 

・ゲームシステムが非常に優れ、難易度が絶妙に調節されています。中毒性が非常に高いゲームです。評価大幅プラス↑

・シナリオがよくできています。名シーンと呼べるものが本作にはいくつもあります。評価大幅プラス↑

・BGMが非常に優れています。名曲レベルの曲がいくつもあります。Sランク

・OPムービーの出来が素晴らしいです。Aランク

・各ルートによって展開が変わるのは好印象です。特に謙信ルートの展開は面白かったです。

・やりこみ要素が強いです。全てのイベントを回収するには結構な手間がかかります。

・周回プレイ時に数々のクリアボーナスが付きます。こういった工夫が凝らしてあるのは非常に好印象です。評価大幅プラス↑

 


 

悪かった点

 

・健太郎と美樹が異様にノリが軽いキャラになっているのが非常に残念でした。評価大幅マイナス↓

・いつものランスシリーズ同様Hシーンが非常に薄いです。数を多く入れるなら質にもこだわって欲しいです。評価大幅マイナス↓

・ヒロインの一人である蘭に魅力を感じませんでした。蘭ルートの展開も他のルートに比べてイマイチでした。

・五十六ルートが正史ルートと展開が結構被っているのが残念でした。終盤の展開とEDは良かったのですが…。

ザビエルが期待したほどの活躍をしないのは残念でした。どのルートでも簡単に追い詰められた感があります。(←ネタバレ

・朱雀以外の使徒の存在感があまり感じられませんでした。特に白虎の扱いが酷いです。

・相変わらずメインヒロインのシィルに魅力を感じることが出来ませんでした。

 


 

人によっては評価が分かれそうな点

 

・主人公のランスは非常に好き嫌いが分かれるキャラクターです。

・陵辱描写があります。アリスソフトらしい容赦の無い展開は本作でも健在です。

・ボイスはありません。

・コツを掴むまでは若干難しく感じるかもしれません。

 


 

総評

 

発売前から非常に高い期待をしていたゲームだったのですが、見事その期待に応えてくれました。

紛れも無い名作です。

いろいろと粗はありますが、それ以上の魅力が本作には多数あるため100点という点数を付けました。

 

シナリオやBGM,そしてゲームシステムが素晴らしいレベルで纏まっています。

個人的には、名作と呼ばれる鬼畜王ランスを越える作品に仕上がったと思います。

このゲームが発売された2006年以降のゲームでは、これを超える作品というものには未だ出会っていません。

 

二周目からはクリアボーナスが付くので、一周目では力不足で取り組むことの出来なかったイベントに取り組めたのも大いに助かりました。

こういう工夫があるからこそ、飽きずに何周でも続けられたのだと思います。

年末に発売されたゲームですが、2月の頭まで毎日プレイしていた記憶があります。

 

あまりに中毒性が高く、ゲーム中こまめにセーブをしていたらセーブ数が100を超えたというのは私だけではないと思います。

序盤の足利での天守閣の攻防や武田の風林火山のイベント、終盤での島津との兵力差に絶望したのも今ではいい思い出です。

 

 

本作は、過去に名作と呼ばれた作品と比べても何ら遜色は無く、この業界を代表するゲームの一つといっても過言ではないと思います。

シミュレーション好きで、陵辱描写が許容できる人になら間違いなくお勧めできる作品です。(主人公にクセがありますが…)

 

ランスシリーズの次回作はヘルマン編との事で、発売されるのを心待ちにしています。

発売時期は今年の年末か来年の夏、あるいは年末になるのではないかと予想しているのですが…。

いずれにしても質の高いゲームを期待しています。

 

次回作も間違いなく発売日に購入することになるでしょう。

 

 

 

興味を持った方はこちらでゲームや関連商品が購入できます。1500円以上の商品は送料無料です。

スポンサーサイト

闘神都市? レビュー (アリスソフト) 

ジャンル:RPG

※前作との繋がりはほとんどないので、?からでも普通に楽しむことができます。

 

当初は同日発売の「君が呼ぶ、メギドの丘で」に注目していたのですが、店頭用のデモムービーを見て「闘神都市?」を購入することを決意。

 

購入前の期待度はAランク

作品の点数 80点 ランクA

 


 

ゲーム概要

 

『闘神大会』――それは、闘神都市という街で年に一度行われるトーナメント制の闘技会。

出場者は見目麗しい女性をパートナーにすることを義務づけられ、試合に勝利したものは、その後24時間の間、対戦相手のパートナーを自由にできるというルールが存在する。

優勝者には “闘神” の称号が与えられ、パートナーと共に、闘神区画と呼ばれる特権区画での贅沢な生活が生涯保証されるという。

 

主人公・ナクトの父は闘神大会に出場し、「優勝したから帰る」という知らせを寄越したまま、消息を絶った。

父の失踪から5年が経過し、成長したナクトは、父の行方探しと自らの腕試しを目的に、 闘神大会出場を目指して故郷の村を後にする―――。

 

キャラ紹介などゲームの詳細については公式サイトを参照。

 

ゲームは全三部構成。

 

・トーナメント優勝を目的とした第一部

・第一部から1年後を描いた第二部

・全ての謎が明かされる第三部

 

基本的に一本道で、エンディングもひとつです。

 


 

良かった点

 

アリスソフトらしい魅力的キャラクターが多数です。キャラクター数が多いですが、それぞれに見せ場があるのは好印象。これだけのキャラをよく描ききったなと感心しました。評価大幅プラス↑

・先の気になる展開が続き、常に先に興味を持たせる造りになっています。

・Hシーンはボリュームがあり、全体的に濃い出来です。(一部のCGが微妙な出来でしたが)評価大幅プラス↑

・OP曲とOPムービーの出来が非常に素晴らしいです。Sランク

・OPムービーの演出から第二部へと突入する展開は素晴らしかったです。これから先の展開に大いに期待させられる出来でした。評価大幅プラス↑

 


 

悪かった点

 

・全体の構成が悪いです。後半になるにつれ駆け足気味の展開で、詰め込みすぎの印象があります。評価大幅マイナス↓

・メインヒロインの羽純の魅力があまり感じられませんでした。

・2年目の初登場キャラクターの印象が薄いです。

・序盤の戦闘が本当に辛いです。全体的に戦闘バランスを見直してほしかったです。

・序盤でお金が溜まりづらく、アイテムや防具を購入するのに手間がかかります。防具一式購入しないと次のレベルの防具が購入できないというのも何とかして欲しかったです。

・魔法の存在意義がほとんど感じられませんでした。

・二部以降で、主人公の成長した姿がまったく描写されなかったのはマイナスです。1年の修行の成果を見せて欲しかったです。評価大幅マイナス↓

・エンディングが明らかに描写不足です。気になるキャラのその後がほとんど描かれていません。こういうちょっとした描写不足で作品が減点されるのは本当にもったいないです。評価大幅マイナス↓

 


 

人によっては意見が分かれそうな点

 

・主人公が主体性の無い性格のため、人によって好き嫌いがあると思います。

・快適にプレイするには一定のパソコンのスペックが必要です。公式サイトにベンチマークがあるので、興味のある方は試してみてください。

・一部キャラに陵辱があります。

・闘神大会で敗北したら即ゲームオーバーの仕様です。敗北後の描写はありません。

・他のアリスのゲームに比べてやりこみ要素は無く、1周するだけでほぼ全てのイベントが回収できます。

 


 

総評

 

粗は多々ありますが、全体として良作の出来だと思います。

 

世界観が分かりやすく、初戦の相手が典型的な悪役になるなど、ベタベタのお約束的展開が散りばめられた本作品は個人的にとても楽しめました。

キャラクターの魅力、先が気になるストーリー展開、Hシーンが濃いなどこれだけでランクAの出来になると思います。

このレベルの作品なら普通に楽しめるので、これからもこれくらいの作品を定期的に発売して欲しいです。

 

以下は残念だったところ

 

 

第二部以降はキャラクターの描写不足を感じましたが、第三部では全体的な描写不足を感じました。

特に、第三部開始時点でのナクト孤立無援の状況は、これからどう解決するのかと大いに期待させられましたが、正直拍子抜けでした。

絶望的な状況があっさりと好転した印象があるので、もっと丁寧に仕上げて欲しかったです。

 

 

主人公であるナクトにも魅力が出るような活躍をさせて欲しかったです。

ナクトの強さが垣間見える描写が無かったため、第二部以降は相手の弱点を突いた戦い方を行うという手法はとらないほうがよかったです。ナクトに対しては、最後まで新米剣士の印象が抜けませんでした。

そんなナクトにやられたラスボスについても非常に違和感があります。設定上は最強クラスなのに、何でナクトにやられたのかまるでわかりませんでした。

 

 

エンディングの描写にも問題があります。

クリア後の開発室では、当たり前のようにレグルスの話題が出てますが、これもマイナス。

その後の設定を考えているなら、物語上にきちんと組み込んで欲しかったです。他にも気になるキャラのその後がまったく描かれてなく、唐突に終わった感は否めません。

 

 

第二部、第三部ともに第一部のような出来で、終わりがよければランクSの評価になっただけに非常にもったいない作品でした。

 

 

現在は中古で2000円台と低価格になっていますが、新品で購入しても問題なく楽しめる作品だと思います。

パソコンのスペックに問題が無く、ストーリーを見て興味を魅かれたら購入してみるのもいいのではないでしょうか。

 

もしその後を描いたファンディスクが出るなら間違いなく購入すると思います。

 

 

興味を持った方はこちらでゲームが購入できます。1500円以上の商品は送料無料です。

大まかな評価基準
作品の点数

S:85-100点 名作

A:70-85点  良作

B:60-70点  佳作

C:60点以下   普通以下

 

BGMやムービー等を評価する際

Sランクが名曲・名作レベル
ランクが良曲・良作レベル

期待度の目安

 

S:名作クラスの作品を期待

A:良作クラスの作品を期待

B:作品に過度な期待はしないレベル、もしくは発売日には買わないが、安くなったら買いたいレベル

C:店頭で衝動買いレベル

 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンクについて
現在相互リンクについては特に考えていません。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
お知らせ
現在レビューのやり方を模索中です。 個人的に納得できるように、今まで書いたレビューをいろいろと手直ししています。 編集中の過去のレビューは、一部閲覧できないものがあることをご了承ください。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。