アスケットのゲームレビュー

同人も含めた美少女ゲームのレビューを中心としたサイトです。
 
 
プロフィール

アスケット

Author:アスケット
asukettoアットgmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazonで目的のゲームを検索
FC2カウンター
StyleKeeper
ユーザータグ

FC2ブログ レビュー 同人ゲーム 美少女ゲーム エロゲー diskill ひまわり キラークイーン うみねこのなく頃に ibis DEPTH KILLER コミックマーケット76 EDITION light イベントレポ Harbest シークレットゲーム QUEEN アリスソフト あかべぇそふとつぅ 07thExpansion COMITIA 同人イベント ダンジョンブレイカー BALDR ですろり ABYSS 11eyes SKY 07th Expansion diesirae Lass コミックマーケット77 BALDRSKY 彼女たちの流儀 トモシビはいつ消えるのか 黒い竜と優しい王国 コミュ 暁WORKS Tears toTiara コミティア90 大番長 BattleMoonWars銀 天空の花嫁選び inspire 悠遠ノ絲 GIGA きっと、澄みわたる朝色よりも、 プリンセスラバー! 玉藻スタジオ Werk irae dies MYTH 戦国ランス 

応援バナー
『キスと魔王と紅茶』応援中!
猫神やおよろず 神饌音盤 巻の二

Dies irae~Acta est Fabula~応援中!
ほしうたSS2009年12月25日発売予定
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に episode6 Dawn Of The Golden witch レビュー (07th Expansion)  

ジャンル:ミステリー+ファンタジーサウンドノベル

 

「うみねこ」シリーズ第6弾。

 

前作はイマイチだったものの、調理次第で本作は一気に面白くなるだろうとも感じていたので、結構期待していました。

しかも公式サイト曰く、本作はこれまでのうみねこ作品で最も面白い作品」とのこと。

この発言を聞き、否が応にも本作への期待度は高まったのですが…。

 

購入前の期待度はSランク

作品の点数 65点 ランクB

 


 

ゲーム概要

 

キャラ紹介など、ゲームの詳細については公式サイトを参照。

 

ゲームは選択肢無しの一本道。

容量2.17GB

 


 

感想

 

プレイ時間は7時間ほど。

 

本作ではいくつかの回答は提示されるものの、肝心の謎はほとんど明かされず。

クリア後の印象としては、前作よりもパワーダウンしているように感じました。

 

今回は前作から引き継がれてきた戦人とヱリカのバトルの決着戦。

ところが第一の晩の殺人が発生するまで非常に時間がかかり、戦人とヱリカの推理パートになかなか移行しません。

 

というのも、本作で力を入れているであろうテーマは恋愛描写。

この恋愛描写が度々物語に挿入されることで、話のテンポが非常に悪くなっています。

私自身うみねこのキャラクターには魅力を感じないため、そうした彼らの恋愛模様を読み進めるのが苦痛でした。

 

今回の話は突き抜けた面白さやインパクトがあるわけでもなく、実に無難な内容。

ラストこそなかなか読ませるものがあるのですが、終始テンポの悪さが足を引っ張っているように感じました。

 

 

とはいえ、本作でも面白いところはあったのでその辺についても記述を。

 

まずゲーム開始直後には既に戦いの趨勢が決しているという、なかなかインパクトのある場面から物語はスタート。

前作と似たような流れですが、この辺りの見せ方は実に秀逸で見る者を楽しませてくれます。

 

また、今回は犯人を見つけるというよりも、人間側のヱリカが変則的な手法によって魔女側の戦人を追い詰めるという話。

ロジックエラーという手法で戦人を追い詰めるヱリカの試みは面白く、今までとはまた違った切り口で話が進んでいきます。

 

もちろんヱリカの性格の悪さは相変わらずで、そのはっちゃけ振りは本作でも健在。

探偵役でありながら被害者の首を切り落とすという暴挙は、プレイヤーの思考の斜め上を行く素晴らしいレベル。

さらに指輪の交換のやり取りなど、前作以上に彼女の変態度はパワーアップしています。

これらは人によって好き嫌いが分かれるのでしょうが、相変わらず彼女の存在感は抜きん出ているように感じました。

 

サウンド関係も並みの商業ゲームを凌駕する充実度で、この出来で価格が二千円以下というのは素晴らしいです。

ただ、他のエピソードに比べると退屈に感じたのもまた事実。

公式サイトの「本作は一番面白い作品」という記述を見て、期待していただけに残念でした。

 


 

各項目の評価 評価はC~S+

 

 

[シナリオ] B

 

今回の六軒島事件はゲームマスターの人柄からか、実に無難なゲームに仕上がっています。

前作でも感じたことですが、事件そのものに大きなインパクトが感じられないのは実に残念。

エピソード3辺りから事件の方向性が変わってきたように思うのですが、何か意味はあるのでしょうか?

 

また、今回は復活したベアトリーチェや譲治と紗音、嘉音と朱志香などを軸とした話があるものの、こちらはあまり印象に残らず。

私としてはキャラクターの掘り下げには興味が沸かないので、読んでいて面白いとは思えませんでした。

こういう描写が事件の真相に関わるだろう事は想像付くので、上手く面白さに結び付けてほしいのですが…。

 

あと、幻想描写自体はアリだと思うのですが、それ以外の点で一貫性が感じられないのもどうかと思います。

エピソード4で消滅した縁寿の復活など、もはや何でもありの様相を呈してきているように感じました。

 

 

[キャラクター] B+

 

今回も恒例の新キャラが登場。

もっとも今回の新キャラは前作のヱリカやドラノールとは違い、本作では大した存在感は残せず。

それよりもさすがにキャラを増やしすぎて、持て余し気味のキャラがチラホラと出てきているように感じました。

 

既存のキャラクターは良くも悪くもいつも通り。

ヱリカだけが相変わらず突き抜けていて、好感が持てました。

 

 

[サウンド、ムービー] S+

 

相変わらず高レベルのサウンド。

エンディングには新規ボーカル曲が採用され、サウンドの作りこみは並大抵のものではないです。

 

BGMはボーカル曲を合わせ、ついに123曲という膨大な数に。

同人どころか商業ゲームでもここまでのものはそうそう無く、ただ素晴らしいの一言。

敢えて言うならキャラクター同様、曲数が多すぎて効果的に曲を使いきれてないかな?と感じました。

 

 

[総評] B

 

前作に引き続き本作も話を無駄に引き伸ばした感が強く、正直残念な出来と言わざるを得ません。

 

エピソード1から積み上げてきたものに一貫性が無く、作品の方向性や雰囲気がバラバラになっているように感じました。

私としては初期のような猟奇的犯行や、何が起こっているのかわからないといった不気味さが好きだったのですが…。

物語を経るごとに悪い意味で話を広げすぎている気がしました。

 

次のエピソードも同じような話なら購入は見送ろうかなと思っていたのですが、どうやら次は解決編の模様。

時期的に購入するかは微妙ですが、面白くなりそうなら購入を検討してみたいです。

スポンサーサイト
大まかな評価基準
作品の点数

S:85-100点 名作

A:70-85点  良作

B:60-70点  佳作

C:60点以下   普通以下

 

BGMやムービー等を評価する際

Sランクが名曲・名作レベル
ランクが良曲・良作レベル

期待度の目安

 

S:名作クラスの作品を期待

A:良作クラスの作品を期待

B:作品に過度な期待はしないレベル、もしくは発売日には買わないが、安くなったら買いたいレベル

C:店頭で衝動買いレベル

 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンクについて
現在相互リンクについては特に考えていません。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
お知らせ
現在レビューのやり方を模索中です。 個人的に納得できるように、今まで書いたレビューをいろいろと手直ししています。 編集中の過去のレビューは、一部閲覧できないものがあることをご了承ください。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。