アスケットのゲームレビュー

同人も含めた美少女ゲームのレビューを中心としたサイトです。
 
 
プロフィール

アスケット

Author:アスケット
asukettoアットgmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazonで目的のゲームを検索
FC2カウンター
StyleKeeper
ユーザータグ

FC2ブログ レビュー 同人ゲーム 美少女ゲーム エロゲー diskill ひまわり キラークイーン うみねこのなく頃に ibis DEPTH KILLER コミックマーケット76 EDITION light イベントレポ Harbest シークレットゲーム QUEEN アリスソフト あかべぇそふとつぅ 07thExpansion COMITIA 同人イベント ダンジョンブレイカー BALDR ですろり ABYSS 11eyes SKY 07th Expansion diesirae Lass コミックマーケット77 BALDRSKY 彼女たちの流儀 トモシビはいつ消えるのか 黒い竜と優しい王国 コミュ 暁WORKS Tears toTiara コミティア90 大番長 BattleMoonWars銀 天空の花嫁選び inspire 悠遠ノ絲 GIGA きっと、澄みわたる朝色よりも、 プリンセスラバー! 玉藻スタジオ Werk irae dies MYTH 戦国ランス 

応援バナー
『キスと魔王と紅茶』応援中!
猫神やおよろず 神饌音盤 巻の二

Dies irae~Acta est Fabula~応援中!
ほしうたSS2009年12月25日発売予定
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft- レビュー (light) 

ジャンル:学園伝奇バトルオペラADV

  

07年に発売された「Dies irae -Also sprach Zarathustra-」(以下旧版)が楽しめたので、本作には発売前から注目していました。

作品が発売してからの様子を見ていたところ、加筆描写の部分がなかなか面白いとの評判を聞いて購入してみることに。

 

購入前の期待度はAランク

作品の点数 75点 ランクA

 


 

ゲーム概要

 

基本的な設定は07年に発売された旧版と同様。

キャラ紹介などゲームの詳細については公式サイトを参照。

 

ルートは2つで、各ルートにつきエンディングは1つ。

※旧版に存在した香澄ルートバッドエンドや一部Hシーンが削除されています。

 

容量2.88GB

CG155枚、回想7シーン(うち6シーンは旧版とほぼ共通

回想シーンの内訳

 

蓮×マリィ(1)

蓮×香純(2)

香純陵辱(1)

蓮×玲愛(1)旧版に比べ一部シーン削除あり

ルサルカ輪姦(1)

リザ×カイン(1)

 


 

感想

 

旧版との共通部分は飛ばしつつプレイ。

プレイ時間は10数時間といったところでしょうか。

 

旧版で既に面白さの片鱗は見えていましたが、本作ではさらに楽しめる内容に仕上がっています。

各キャラクターの設定や世界観はさらに広がりを見せていて、物語に厚みが出ているのは素晴らしいところ。

旧版で物足りなさを感じていたキャラクター達にも焦点が当てられるので、より一層各キャラへの愛着が高まりました。

 

また加筆修正された部分がよく出来ていて、旧版では見られなかった夢の対戦が見られるなど見所が多数増えています。

特に全面改訂されたマリィルート9章と11章の展開は素晴らしく、ここが本作のクライマックスといっても過言ではない内容。

魅力のあるキャラクター達が繰り広げる戦闘シーンは見る者を圧倒し、非常に楽しませてくれました。

 

残念なのは、設定を出し惜しみしている感が多分に見られるところ。

特にマリィルートではそれが顕著に表れていて、12章以降の終盤の展開は旧版の方に軍配が上がります。

未だ解き明かされない謎や掘り下げ不足な箇所が目立つなど、この作品に愛着があるほど消化不良感が残ってしまっています。

 

さらに物語の大まかな流れはリメイク前とほぼ変わらないため、本作は旧版プレイ済みの方にはお勧めできる内容ではありません。

今週末には完成版が発売されるということもあるので、購入を検討するのならそちらをお勧めします。

初回特典の黒本はこの作品にしか付属しないので、それ目当てで購入するならアリでしょうが。

 

 

では各ルートの感想を

 

 

香純ルート

 

本ルートで加筆された主なポイントは、登場人物についての記述が大幅に追加されたことが挙げられます。

特にアペンド版で活躍するであろう螢についての描写は秀逸で、ある意味このシナリオのヒロインである香純を食った形です。

 

もっとも香純ルートは全体の流れがほとんど変わってないので、シナリオ自体はあまり評価できません。

相変わらず味方の戦力は乏しく、物語に広がりが感じられない上、ヒロインである香純に魅力が感じられないのは残念なところ。

やはり本作での香純の最大の見せ場は公園での携帯電話のシーンでしょうか。

 

このルートで印象に残ったところは、本作で加筆されたエンディング。

エンディングでは中立的な人物だと思っていたメルクリウスの人物像が垣間見えるような描写があります。

この辺は螢、もしくは玲愛ルートでの布石ではないかと思うのですが、果たして──。

 

 

マリィルート

 

旧版ではメインヒロインの割に印象が薄かったマリィですが、今回はあるイベントをきっかけに人間らしさを見せることに。

おかげで旧版に比べ彼女の活躍の度合いが大幅に増え、シナリオにも上手く絡んできてくれます。

 

しかし本ルートで圧巻だったのは、何といっても後半に差し掛かる9章と11章。

特に11章のストーリーは必見。

旧版のマリィルートではあっさり退場してしまったキャラクターが生き残ることで、事態は意外な展開へと動いていきます。

 

それだけに12章以降の展開は勿体無かったですね。

完全改訂された11章が大きく盛り上がった反面、12章以降の展開は旧版の内容に若干の手直しがされた程度。

旧版プレイ済みの者としてはほとんど新鮮味がありません。

12章以降の展開は駆け足気味だったようにも感じたので、その点も残念でした。

 


 

この作品各項目の評価 評価はC~S+

 

 

[シナリオ] A

 

旧版同様、独特の用語や設定が上手く物語に絡み合っているのは素晴らしいです。

これらの要素が魅力的なキャラクターと相まって物語を上手く盛り上げてくれます。

 

ただ本作は旧版とストーリーの本筋がほとんど変わらないという仕様なので、その点は本当に残念。

魅力に感じるところはいろいろあるのですが、リメイクが中途半端なので手放しにほめることが出来ません。

おかげで本作もシナリオの作りこみという点では微妙でした。

 

 

[キャラクター] S

 

相変わらず敵・味方含めて魅力的なキャラクターが多数です。

旧版で描写不足だったキャラに光が当てられるようになったのは嬉しいところ。

とはいえ一部キャラクターは本作でも活躍したとは言いがたいので、この辺はアペンド版に期待でしょうか。

 

 

[グラフィック] A+

 

期間が空いたためか、新規CGに違和感が残るものがいくつかあります。

既存のCGも若干安定感に欠くものがあるのですが、基本的に質の高いCGが多いです。

 

残念なのは追加のHシーンにほとんど新鮮味が見られなかったこと。

聞いたところによると、今回の追加Hシーンはもともと公開されていたCGを使いまわしたとか。

それならそれで構わないですが、新規CGを用意するなど、Hシーンはもう少し頑張ってほしかったです。

 

 

[サウンド、ムービー、ボイス] S+

 

無印版同様、相変わらずレベルが高い曲が満載です。

本作ではボーカル曲が1曲追加されていますが、こちらも素晴らしい出来。

ムービーのクオリティもなかなかのもので、この辺は特に言うことはないかと。

 

 

[システム] A+

 

旧版とシステム周りは変わらず、最低限の機能は網羅しています。

欠点としてはスキップ速度が若干物足りないこと。

他にもセーブの際にコメント入力しないと、ロードする際にどこの場面かすぐには分からないという欠点が挙げられます。

セーブの不便さはlight作品の伝統でしょうか。

 

 

[総評] A

 

面白いことは面白いのですが、リメイク作品の割にフルプライスというのはちょっと割高かなと思いました。

初回特典の黒本が160ページほどと、かなり分厚くしたこともフルプライスにした一因なのでしょうが…。

 

いずれにしろまだまだ続きが見たいと思わせる作品ではあるので、他のルートが別作品として出されるのは大歓迎です。

今週末に発売される予定のアペンド版は予約済みなので、購入はほぼ確定。

アペンド版は4800円ということでボリュームに一抹の不安があるのですが、今週の発売日を楽しみに待ちたいです。

 

今年購入するであろう最後の商業ゲームになるだけに、作品の出来には大いに期待しています。

 

 

 

興味を持った方はこちらでゲームが購入できます。1500円以上の商品は送料が無料です。 

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://acua10.blog10.fc2.com/tb.php/40-c66754db
大まかな評価基準
作品の点数

S:85-100点 名作

A:70-85点  良作

B:60-70点  佳作

C:60点以下   普通以下

 

BGMやムービー等を評価する際

Sランクが名曲・名作レベル
ランクが良曲・良作レベル

期待度の目安

 

S:名作クラスの作品を期待

A:良作クラスの作品を期待

B:作品に過度な期待はしないレベル、もしくは発売日には買わないが、安くなったら買いたいレベル

C:店頭で衝動買いレベル

 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンクについて
現在相互リンクについては特に考えていません。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
お知らせ
現在レビューのやり方を模索中です。 個人的に納得できるように、今まで書いたレビューをいろいろと手直ししています。 編集中の過去のレビューは、一部閲覧できないものがあることをご了承ください。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。